スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらら・・・ストルバイト結晶

あれから・・・2ヶ月半かな。。。
プリンの皮膚や尿検査は、特に異常もなくすぎておりました。
クスリも飲まなくなって1ヶ月ぐらいかな。。。
年末ぐらいから、ポリポリと、掻く姿を見かけるようになりました。

年が明けて5日の日病院に連れて行きました。
画像はちと見苦しいので省略します。
大きなかさぶたと、乾いていない傷になっている箇所がありました。
ついでに採尿キットをいただいてたので、尿検査もしていただきました。

H21.1.5  尿検査の結果
     ウロビリノーゲン  0.1
     蛋白質        ±
     PH          7.0
     潜血         陰性
     ケトン体       陰性
     ビリルビン      陰性
     ブドウ糖       陰性
     比重         1.030
     沈渣         陰性

一応、正常値内でした。 
皮膚のことがありますので、以前と同じラリキシンをいただいて帰りました。
2週間後に様子を見せてくださいということで。。。
2週間後。 
クスリは皮膚の症状に効いたようで、掻くこともなくなり、
新たな傷もなく、カサブタがポロポロ・・・・

他に気になる点は特にないのですが、前回も採尿キッをいただいてたので持参しました。
内心、『もういいんじゃないかなぁ。。。』と思いつつ。

なんか病院はすいてるようなのに、待ち時間が長く感じました。
先生の第一声は、『結晶がでてしまってます・・・・』

  H21.1.19  尿検査の結果
     ウロビリノーゲン  0.1
     蛋白質        
     PH          8.0
     潜血         陰性
     ケトン体       陰性
     ビリルビン      陰性
     ブドウ糖       陰性
     比重         1.043
     沈渣         ストルバイト結晶多数

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!!!     なんでやぁ・・・・(´;ω;`)

特に見た目の症状はなく、食べるものも、ドックフードと留守番の時とかのおやつ程度。
人の食べるものは、あげないし・・・・

大きな石が、膀胱内や尿道にないかどうか、女の子はあまり尿道に詰まる可能性はないそうですが、確認のためにレントゲンとエコーをすすめられ、お願いしました。

検査結果では、石は確認されませんでしたが、エコーによる検査で
膀胱内に多数の結晶が、まだみられます。  とのこと・・・・
薬が効いているためか、尿に菌はほとんどみられないが、皮膚のこととあわせ
継続して服用することと、PHバランスをコントロールするドックフードがあるので、
それに切り替えて、食事療法になりました。

本人は、ケロッっとして元気です。
うまく結晶がでてくれればなぁ。。。ってところです。><
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

Tag : ストルバイト結晶

コメント

あら…落ち着いたかと思ったらまた結晶が出てしまったんですね
膀胱の皮膚組織とか炎症を起こしているのかしら?
とにかく、療法食で早く落ち着くといいですね

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。